ヒプノシスアベマとは

2021年は
アベマでヒプマイ

ヒプノシスアベマとは…
ヒプノシスマイクとアベマが2nd D.R.Bを共に盛り上げるコラボレーション計画!

すでに発表されている「《2nd D.R.B》Final Battle進出結果発表会」から優勝ディビジョン決定までをアベマで完全独占配信!
2nd D.R.Bの全てを見る事ができるのはアベマだけ!

さらに!

2021年夏、新たな番組を制作することが決定し、

今後もアベマでしか見ることのできない限定コンテンツが続々配信!

ヒプマイ見るならアベマ!

画像

ヒプノシスマイクとは

画像

2017年9月に始動した音楽原作キャラクターラッププロジェクト“ヒプノシスマイク”

総勢18人の個性豊かなメインキャラクターが「イケブクロ・ディビジョン」「ヨコハマ・ディビジョン」「シブヤ・ディビジョン」「シンジュク・ディビジョン」「オオサカ・ディビジョン」「ナゴヤ・ディビジョン」の6チームに分かれ、熱いラップバトルを繰り広げる。

バトルを彩るラップミュージックには、日本のヒップホップシーンを牽引するラッパー・トラックメーカーがクリエイターとして参加。
様々な楽曲を声優が演じながらラップすることにより、音楽を軸に各キャラクターのストーリーが展開していく。

また“ヒプノシスマイク”では、キャラクター性の強い音楽と、物語性の強い音声ドラマを原作として、コミック、ゲームアプリ、舞台、アニメなど、様々なメディアミックスも行っている。

画像

ストーリー

西暦××××年。
第三次世界大戦により世界は人口の3分の1を失った。
人類滅亡を危惧した権力者たちは武力ではなくディベートによる戦争回避を目指した。
――しかし愚かな男たちは武力による争いを止めることはなかった。
そして西暦最後の年――……。
既存の世界は女性の手により終わりを迎える。!

H歴。
武力による戦争は根絶された。
争いは武力ではなく人の精神に干渉する特別なマイクにとって代わった。
その名も「ヒプノシスマイク 」。
このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。

H歴3年。
人々はラップを使い優劣を決する。
男性は中王区以外の
イケブクロ・ディビジョン、
ヨコハマ・ディビジョン、
シブヤ・ディビジョン、
シンジュク・ディビジョン、
オオサカ・ディビジョン、
ナゴヤ・ディビジョン
等の区画外で生活することになる。
各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、勝ったディビジョンは決められた分の他の領土を獲得することができる。

兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたディビジョン・ラップバトルが始まる。

キャラクター紹介はこちら(外部サイトへ遷移します)

ソーシャルメディア

番組一覧